生理前のつらい不調

ウーマン

生活習慣の改善を

生理前になると、便秘や頭痛、眠気といった体の不調やイライラしたり集中力がなくなったりといった心の不調が起こる人は多いです。月経前症候群、PMSと呼ばれる症状です。PMSの症状は種類がたくさんあり、症状の度合いも個人差があります。生理前のおよそ2週間に起こり、生理が始まると自然に消えることがほとんどです。PMSの症状があらわれる原因は、排卵から生理前に分泌される黄体ホルモンが大きく影響していると言われています。また排卵後に卵胞ホルモンの分泌が減ると喜びを感じる脳内物質が急激に低下することによって、ネガティブな気持ちになるということも原因です。その他にもビタミンやミネラルの欠乏も影響します。症状の度合いには個人差があるのは、PMSの症状を強くする要因があることも関係しています。例えば、症状が出やすい人の特徴として、ストレスを抱えている、几帳面な性格、食生活が乱れている、といったことが挙げられます。仕事や環境の変化によってストレスが大きくなると不調も大きくなってしまったり、几帳面な性格やすぐに悩んでしまう、細かいことが気になってしまう性格や食生活が乱れビタミンやミネラル不足が続いている人も症状が強く出やすいです。ですからできるだけリラックスできる時間を設けたり食生活を見直したりするなど、生活習慣を改善することでPMSの症状を緩和できることがあります。ただ我慢しすぎることも良くないので、あまりに辛い症状のときには婦人科を受診して相談してみることもおすすめです。

Copyright© 2018 辛い症状への対策方法【PMSと上手く付き合う】 All Rights Reserved.